アイスバーンに強い

凍結した路面を自動車で走る場合、当然、スノータイヤが必要になります。
ノーマルタイヤで凍結路面や積雪路面を走ることは大変危険です。

そのため、スタッドレスタイヤやチェーンが必要になってきます。
通常、スタッドレスタイヤを履いていればだいたいの冬道を走ることができますが、しかし、スタッドレスタイヤだからといって万能ではありません。
特にアイスバーンなどではスタッドレスタイヤだけでは走れないこともあります。

特に、坂道がそのようになっていた場合勢いがなかったり、坂道の途中で止まるなどしてしまうと登れなくなる恐れがあります。また、それ以外でも特に交差点など他の自動車のスタッドレスタイヤで路面が磨かれたミラーバーンばども良く滑ります。

その点、チェーンを履けばこのような恐れは少なくなります。
特に上り坂でのグリップ力はスタッドレスタイヤでは到底及ばない力を持っています。
前述したミラーバーンでも、発進時に横ずれやタイヤの空転などせず、通常通り発進することができます。ただし、チェーンの弱点として速度に制限があることと、のり心地が良くないことが挙げられます。そのため、常に冬は雪道であるような地域の方は通常はスタッドレスタイヤで、緊急時にチェーンを使う方が多いです。

コメントは受け付けていません。