ジャッキアップが必要なものもある

000829

今年は、関東甲信越地方においても、例年より積雪の量が増えています。特に関東南部の平野部でも雪が積もる日も多いです。これらの地域に住んでいる人には、スタッドレスタイヤを装備している人もいるのですが、まだまだ必要性がないとお考えの人が多く、交通網に支障を来しています。

積雪時には、タイヤチェーンの使用が必須となりますが最近ではスタッドレスの保有が多くて使用したことのない方が多くいます。若い人達だけではなく、アラフォー世代でも使ったことがないために正しい装着方法を知らない人がいます。

基本的にタイヤチェーンの装着は、車の移動をする事で装着出来るようになっています。
しかし、装着にはある程度のコツが必要なために知っていなければ、つけることが出来ません。装着になれている人ならば片方のタイヤチェーンで10分ぐらいでつけることが出来るでしょう。不慣れな人でも20分もあれば装着は出来ます。

でも場合によっては、ジャッキアップでの装着が必要な事もあります。
その場合とは、タイヤハウスの隙間に腕が入る余裕がなければ装着することはできません。また、不慣れな人が装着する時にもジャッキを使うと楽に装着できます。
ジャッキを使うメリットとしては、タイヤハウスに間隙が出来ることと、タイヤチェーンの取り回しが楽に行えることです。

慣れるまでは、ジャッキを使って装着してみても良いと思います。

コメントは受け付けていません。